展示情報

exhibition

開催中の企画展

「米国アカデミー賞監督 滝田洋二郎 展」

高志の国文学館では、9月20日(日)より企画展「米国アカデミー賞監督 滝田洋二郎 展」を開催します。


「バッテリー」や「天地明察」など話題の文学作品をいち早く映像化して文芸映画の復権にいどむ、富山県出身の映画監督・滝田洋二郎。はじめて撮影した一般映画「コミック雑誌なんかいらない!」が、ニューヨーク近代美術館のNew Directors/New Filmsやカンヌ国際映画祭で上映されて注目を集め、映画「おくりびと」では、日本の作品ではじめて米国アカデミー賞外国語映画賞受賞という快挙をなしとげます。


本展では、代表作を通じて滝田監督の映画づくりの現場を紹介します。また、人間の繊細な感情や心理が活写された監督の作品世界から、その演出の魅力と背景をさぐるとともに、自作を語るインタビュー映像で監督の映画制作にかける情熱と想いに迫ります。




企画展「米国アカデミー賞監督 滝田洋二郎 展」(令和2年9月20日[日]~11月30日[月])の開会を記念して、富山県ゆかりの映画作品一覧(PDF)を公開いたします。
富山県内でどんな映画が撮影されたのか、また、どこが映画のロケ地となったのか、ぜひご覧ください。
※富山県内のロケ地情報をお持ちでしたら、お寄せいただければ幸いです。


開催中の常設展

「戦後の富山俳壇―富山文学地図(2)」代表作と資料でたどる戦後の富山俳壇の歩み

令和2年6月19日(金)~令和3年6月下旬

立山のかぶさる町や水を打つ    前田普羅


とびからすかもめもきこゆ風ゆきげ 金尾梅の門


父祖の地や蜻蛉は赤き身をたるる  角川源義













戦禍は県内の俳壇に大きな打撃をもたらしましたが、俳句運動の動きはすぐに芽吹き、前田普羅は昭和21年(1946)「辛夷」を復刊、翌二十二年には金尾梅の門も「古志」を創刊(のちに「季節」に改題)しました。




県出身で角川書店の創業者である角川源義は、二十七年に日本の俳句隆盛の原動力となった雑誌「俳句」を創刊し、富山では会派を超えた富山県俳句連盟が結成されました。




本展では、戦後の富山俳壇を代表する俳人たちの「富山を詠んだ俳句23選」を中坪達哉(富山県俳句連盟会長)の選・解説でたどると共に、貴重な富山の俳句資料を一堂に展観します。

開催中の常設展

翁久允と吉井勇・川田順―富山を訪れた歌人たち

令和2年6月19日(金)~令和3年6月下旬
前期① 令和2年6月19日(金)~9月14日(月) 前期②9月16日(水)~12月28日(月)
後期① 令和3年1月4日(月)~4月5日(月)  後期②4月7日(水)~6月下旬


高志の国文学館では、公益財団法人翁久允財団の協力を得て、翁久允旧蔵資料の調査を行っています。本展示は、その調査報告の一環として、翁久允と、富山歌壇に大きな影響を与えた二人の歌人―吉井勇と川田順との親交を伝える資料を紹介します。


久允(おきな・きゅういん 1888~1973)は、小説家、ジャーナリストとして活躍し、昭和11年(1936)に郷土文化誌『高志人』を創刊、生涯を通じて刊行を続けました。


吉井勇(1886~1960)と川田順(1882~1966)は、戦時中、雑誌統合により『高志人』が『高志』と改称して刊行された時期を中心に、短歌や文章を寄稿しました。


今回の展示では、前後期に分け、前期は吉井勇、後期は川田順を中心とした構成とし、翁
久允に宛てた書簡や、原稿、掲載誌、歌集などを展示します。



前期①では、吉井勇が八尾に疎開していた時期に『高志』に寄稿した自筆原稿「高志に寄す」「北陸歌日記」などを紹介します。

次回の企画展

久泉迪雄の書斎から-“悠かなり 富山の文化”

高志の国文学館では、令和3年2月6日(土)より企画展「久泉迪雄の書斎から-“悠かなり 富山の文化”」を開催します。


歌人であり、富山の文化そのものである人。


技術者、数学や国語、時には英語の教員、そして美術館館長と、多彩な経歴を持ち、専門学校の創設に携わり、数多くの文化団体の運営を支え続けてきた―幅広い関心と専門領域、類まれな行動力、誠実な人柄と人間的な魅力、なにより富山の自然と風土、文化を愛する歌人、久泉迪雄。大伴家持の歌のこころを引き継ぎ、万葉集の故地に豊饒な文化が花開くことを願い、精力的に活躍しています。


本展では、自然科学と文学の双方に通じ、美術、工芸に造詣深く、多くの文学者、美術家との交友を通じて、富山の教育と文化の発展に力を尽くしてきた知の体系を探り、富山の文化の過去と現在を俯瞰し、その未来を展望します。