展示情報

exhibition

開催中の企画展

「国際アンデルセン賞受賞記念展 角野栄子の魔女」

高志の国文学館では、7月26日(日)より企画展「国際アンデルセン賞受賞記念展 角野栄子の魔女」を開催します。


絵本から児童文学、自伝的小説まで様々な作品を生み出してきた角野栄子は、ユーモアを巧みに織り交ぜた作風が支持され、2018年、「小さなノーベル賞」とも呼ばれる「国際アンデルセン賞・作家賞」を日本人3人目として受賞しました。80歳を超えてなお創作意欲は盛んで、作品は子どもだけでなく幅広い世代から親しまれています。


本展では、主人公キキが様々な人々との出会いにより成長する心情を鮮やかに描いた代表作「魔女の宅急便」や、現在までに42作を数える人気作「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ」を中心に、角野の豊かな想像力とユーモアに支えられた多彩な作品群を紹介します。

開催中の常設展

「戦後の富山俳壇―富山文学地図(2)」代表作と資料でたどる戦後の富山俳壇の歩み

令和2年6月19日(金)~令和3年6月下旬

立山のかぶさる町や水を打つ    前田普羅


とびからすかもめもきこゆ風ゆきげ 金尾梅の門


父祖の地や蜻蛉は赤き身をたるる  角川源義













戦禍は県内の俳壇に大きな打撃をもたらしましたが、俳句運動の動きはすぐに芽吹き、前田普羅は昭和21年(1946)「辛夷」を復刊、翌二十二年には金尾梅の門も「古志」を創刊(のちに「季節」に改題)しました。




県出身で角川書店の創業者である角川源義は、二十七年に日本の俳句隆盛の原動力となった雑誌「俳句」を創刊し、富山では会派を超えた富山県俳句連盟が結成されました。




本展では、戦後の富山俳壇を代表する俳人たちの「富山を詠んだ俳句23選」を中坪達哉(富山県俳句連盟会長)の選・解説でたどると共に、貴重な富山の俳句資料を一堂に展観します。

開催中の常設展

翁久允と吉井勇・川田順―富山を訪れた歌人たち

令和2年6月19日(金)~令和3年6月下旬
前期① 令和2年6月19日(金)~9月14日(月) 前期②9月16日(水)~12月28日(月)
後期① 令和3年1月4日(月)~4月5日(月)  後期②4月7日(水)~6月下旬


高志の国文学館では、公益財団法人翁久允財団の協力を得て、翁久允旧蔵資料の調査を行っています。本展示は、その調査報告の一環として、翁久允と、富山歌壇に大きな影響を与えた二人の歌人―吉井勇と川田順との親交を伝える資料を紹介します。


久允(おきな・きゅういん 1888~1973)は、小説家、ジャーナリストとして活躍し、昭和11年(1936)に郷土文化誌『高志人』を創刊、生涯を通じて刊行を続けました。


吉井勇(1886~1960)と川田順(1882~1966)は、戦時中、雑誌統合により『高志人』が『高志』と改称して刊行された時期を中心に、短歌や文章を寄稿しました。


今回の展示では、前後期に分け、前期は吉井勇、後期は川田順を中心とした構成とし、翁
久允に宛てた書簡や、原稿、掲載誌、歌集などを展示します。



前期①では、吉井勇が八尾に疎開していた時期に『高志』に寄稿した自筆原稿「高志に寄す」「北陸歌日記」などを紹介します。