TOPICS ニュース

ニュース

朗読と音楽の夕べ2020 第2回(9/26)について

明日9月26日(土)、「朗読と音楽の夕べ2020」第2回を予定通り開催します。

今年度は新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、事前申込制としています。

既にたくさんのご予約をいただいており、申込は締め切っております。


<お申込をされた方へのご案内>

・当日会場での受付開始(開場)は16時です。

・当日16時55分を過ぎますと、お席をご案内できない場合がありますので、お時間に余裕をもってお越しください。

・マスクを着用し、咳エチケットの順守にご協力ください。

・咳や発熱などの症状がみられる場合は、ご来場をお控えください。

・キャンセル待ちの方が多くいらっしゃいます。ご欠席の場合は、お早目にご連絡をいただきますようお願いいたします。

TEL:076-431-5492


<第2回>

日時:9月26日(土)17:00~17:50

朗読:牧内 直哉 氏(FMとやま/フリーランス)

演奏:安田 菜々子 氏(クラリネット)、 廣瀬 鏡絵 氏(ピアノ)

作品:山田 洋次『悪童 小説 寅次郎の告白』 (講談社)

企画展
Exhibition

一覧を見る
開催中の企画展

「米国アカデミー賞監督 滝田洋二郎 展」

高志の国文学館では、9月20日(日)より企画展「米国アカデミー賞監督 滝田洋二郎 展」を開催します。


「バッテリー」や「天地明察」など話題の文学作品をいち早く映像化して文芸映画の復権にいどむ、富山県出身の映画監督・滝田洋二郎。はじめて撮影した一般映画「コミック雑誌なんかいらない!」が、ニューヨーク近代美術館のNew Directors/New Filmsやカンヌ国際映画祭で上映されて注目を集め、映画「おくりびと」では、日本の作品ではじめて米国アカデミー賞外国語映画賞受賞という快挙をなしとげます。


本展では、代表作を通じて滝田監督の映画づくりの現場を紹介します。また、人間の繊細な感情や心理が活写された監督の作品世界から、その演出の魅力と背景をさぐるとともに、自作を語るインタビュー映像で監督の映画制作にかける情熱と想いに迫ります。




アクセス

観覧料

高志の国文学館

〒930-0095 富山市舟橋南町2-22

TEL 076-431-5492
FAX 076-431-5490

常設展示観覧料

一般200円(団体160円)
※70歳以上の方は常設展示のみ無料で観覧できます。(年齢を証明できるものが必要です。)

企画展示観覧料

展覧会によって異なります。